2012年11月アーカイブ

離婚 原因の内容によって、離婚調停 財産分与にも影響が出るかもしれませんので注意しましょう。

いったん離婚届を出してしまったあとでも、離婚調停 財産分与の請求はできます。

ただし、二年という時効があるのと、離婚後では離婚と引き換えとする条件交渉ができないので、離婚時に解決しておいた方がいいでしょう。

離婚 原因が相手にあるならば、なおさらです。

そして慰謝料というのも解決すべき金銭問題です。

離婚というと「慰謝料は?」という質問がすぐに出てくる傾向にありますが、お互いが主張し合う精神的苦痛による代償というものが他人に認められにくく、納得できる金額に至らないことも多いのが現実です。