FXに影響する「為替政策」とは何でしょうか

FXに影響する「為替政策」とは何でしょうか。考えてみたいと思います。

日本の貿易黒字と日米摩擦は一時ほどではなくなっています。ですからFX市場で円安誘導を行うことで、輸出を伸ばし、輸出の力を借りて景気を少しばかりでもよくしていこうという考え方もあります。

しかし、露骨にFX市場で円安誘導して輸出を上向かせると反発を買います。

過去の日米摩擦の経緯から、少し円安になると、アメリカ側の政治的なチェックが必ず入ってきます。そして、円安はただでさえ低迷している株式市場に、悪い影響を及ぼしかねません。外人投資家の資金の引き上げライントレードにいっそうの拍車がかかるからです。


このようにFX市場で為替によっても、景気に効果的な影響を与えられなくなっているのです。FXで勝ちたいのであれば、政策からは読み取りにくいので、FXライントレード・マスタースクールでチャートを学ぶ方が良いでしょう。

ともかく、日本の不況は消費不況であると同時に、企業が過剰な生産設備をかかえ、先行きに不安を抱いていることから、設備投資などの資金需要は冷えきっています。

消費者がモノを買わないために、モノが余り、そしてカネが余り、そのカネは消費の先行きの見通しがたたないことから、投資にも回らず、このようにして、日本国中、カネ余りが増幅しているのです。

そのカネは銀行や機関投資家を通し、また個人のレベルでも、運用先を求めて海外(アメリカ)に流れ出します。


FX市場からさらに行き場をなくしたカネは、金利はとてつもなく安いのですが、とりあえずは、元金割れのない政府の発行する国債へ向かうことになるわけです。

国債だけは政府の財政出動を支えるために、超低金利といえ資金需要はひとり活発なのです。